家政婦との違い

バケツを持っている女性

目黒区では家事代行が注目されていますが、みなさんは家事代行と家政婦の違いをご存知でしょうか。
一見「家事を代わりに任せることができる」という点で似ていますが、当然この両者には違いが存在します。
まずはこの違いをしっかり知っておきましょう。

家事代行に依頼する際、その家事代行サービスをおこなっている会社と契約することになります。
ですので家事代行として来てくれたスタッフとの間に問題があった場合、会社が責任を負うことになります。
しかし、家政婦の場合は、家政婦本人と契約を交わすことになるので、問題が起きた場合でも家政婦紹介所が責任を負うことはありません。
雇用に関するトラブルが少なく済みやすいという点で、家事代行は利用しやすいのではないでしょうか。
また、家政婦は住み込みなどもあるように、長期的に仕事をすることになります。
しかし、家事代行の場合、1度の依頼で請け負ってくれる家事は基本的に1つの分野のみです。
部屋の掃除を依頼すればそのときは部屋の掃除だけ、というように仕事が限定的になります。
その分利用料金が安くなっていますし、その依頼した分野に関しては徹底的におこなってくれます。

家政婦と家事代行では、その仕事形式に違いがあるため、目的に応じて利用する方を変えるといいでしょう。
雇用トラブルを極力避けながら、安い料金でピンポイントの分野をお願いしたいのであれば、家事代行サービスの利用がオススメとなっています。